スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

冬休み中のアレコレ——切符おじさん事件@釜山/焦げる肉@仁川などなど

韓国は12月に2学期が終わり、3月1日から新年度。楽しかった冬休みも論文を書いているうちに終わりそうである。 韓国は旧正月でした。健康大切 来学期は、様々な事情から3授業担当しなくてはならないので、前もって準備をしている。大学院では不平等を人種、階級、ジェンダーの観点から概観する授業と、質的方法論の授業をやる予定で、学部の授業では、日本の近現代史について話しあう予定である。 さて、この冬休みの活動の報告であるが、ほぼ家とオフィスで勉強していたので特に何も起こらなかった。というわけで、おもしろいこともあまりないのだが、春休みを少し振り返ろうかなと思う。 先日、ハンガンにてこのような囲いを発見した。何が漏れるのを防いでいるのか謎。中は暖かいのかもしれぬ 切符おじさん事件@釜山 韓国に来てから4ヶ月くらいずっと家に籠もっていたので、さすがに限界になってきた。感染者数が少なくなってきたので、感染には最大限気をつけて、少し旅行に行かせてもらった。 釜山でもなるべく人の多いところには近寄らないようにしたが、美味いものを満喫した。 タコとホルモン煮 豚クッパ シジミ汁。シジミのオーバードーズにより肝臓が3歳程度若返った この数年で一躍メジャーになった「Aさんと旅行に行くと、必ずトラブルが発生する」という理論がある。すでにこの理論をサポートする無数の事例があるが、ここに一例を書いておく。 韓国で携帯をなくす(Aさんの犯行) フィリピンの島でレンタルのフィンをなくしてレンタル屋の親父に法外なお金を要求されるも、なぜかレンタル屋の娘と友達になる(Aさんの犯行) ベトナムで携帯をなくす(Aさんの犯行) 時差を間違えてドイツで仕事に大遅刻(Aさんの指示による朝比奈の犯行) アメリカが楽しいので長居していたらコロナ発生。帰国できなくなる(Aさんの犯行) そのため、行動には最大限の注意を払った。 しかし理論が常に正しいとは限らない。 予定していた旅行の行程を終え、「今回は無事にソウルに帰れそうだ」とほっと息をなでおろした我々は、電車に乗るために釜山駅へと向かった。 駅についたのが早かったので、コインロッカーに荷物をいれて、のんびり散歩でもしようという話に。コインロッカーにAさんの荷物を入れていたその時、どこからともなくおじさんが現れ、「切符を買う金が足りないんだ!」と、お金をせびられた。 なん

最新の投稿

韓国から生存の報告・「日本社会入門の日本語教科書があれば良いのに」の巻

韓国に行く。そして何もない部屋で隔離される

1年間のポスドク生活で楽しかったこと・難しかったこと

自己隔離日記④

最近おもしろかったアメリカ社会学の本