スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

真冬到来、パイプ事件、大家さんの凡庸なレイシズム

真冬到来

また更新が怠ってしまった。論文をボチボチ書いたり、本の原稿をやったりしています。論文もいつもノロノロとしか進まないので、ルームメイトのT君のように同時に7本とか論文を書いている、論文生産マシーンの人たちはどういう生活をしているのか謎。

ボストンは本格的な冬到来。この数日は吹雪である。



今週末はサンクスギビングだった。心優しい先生の家でターキーをご馳走になり、週末はニューヨークでハワイ時代の友達軍団と遊んできた。



例によって、初日に明け方まで飲んでしまい、残りの日程は非常に具合が悪かったが、久々に色々と話せて楽しかった。



ニューヨークはケンブリッジと違って美味しいモノがいっぱいある。

ニューヨークからの帰りはバスだったのだが、アメリカ人が一年で最も移動するサンクスギビングの週末の帰宅ラッシュと、今年初の大雪が重なって高速はサバイバルレースさながら。そこら中に身動きがとれなくなった車が転がっていて、普段は4時間ほどの道が7時間かかった。

そういえば、先日、雪が降る中ボストン空港の近くでサーフィンもした。楽しかったが、氷点下の屋外での着替えは命の危険を感じた。



笑っているように見えるが、寒さで痙攣中。

パイプ事件

また、家のシャワーの配水管が詰まるという事件があった。まず、同居の中国系アメリカ人大家さんがワイヤでつまりを直すマシンを買ってきたのだが、解決せず。



こういうやつ。

翌日、大家さんが呼んだパイプの業者がさらに大型のマシンを持ってやってきて、水が流れるようになり、一件落着。

したかのように見えたのだが、実はこの人のマシンがパイプを破壊し、下の階が水浸しになっていた。

大家さんは激怒していたが、この過程で、この家は築115年で、最後にパイプを交換したのは1950年代という事実が発覚。そりゃあ壊れるはず。

2日間風呂が使えず、毎日朝大学のジムにいってシャワーを浴びるという悲惨な生活であった。

実は、パイプが壊れる前の週から、寒くて外に行けないので夜寝る前に家の近くの雑貨屋で買った謎の小庭キットを作って遊んでいた。



当然、石灰などは詰まるので排水に流さないように気をつけていたのだが、絵の具を排水に流していた。

元来心配性のわたしは、「詰まった排水パイプを分解したところ大量の絵の具が発見され、責任を追及されたらどうしよう…」、「保険がきかなかったら修理に100万くらいかかるんじゃないか…」と、あ…

最新の投稿

ドイツに行ってきた

一行日記10月①セーラムに行った話、アメリカの大学にはびこる運動中毒の闇など

一行日記9月③隣人事件、The Soul of Care、仕事探しなど

一行日記9月②昼飯ホモ・エコノミクス、週末恒例の変な服ツアー、OPTの話など

一行日記9月②ハーバードにてレセプションの洗礼、William Julius Wilson先生の引退記念講演

ホノルルへなへな1行日記8月②ボストン引っ越し、自然を満喫、そして仕事探し