スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

デスモンド、いや「記述派」問題:社会学は記述すれば十分か?

【追記】このような駄文を結構読んでくださる方がおり、感謝しています。その中で、この記事の一部の内容、特にある日本の社会学者の方の作品にについて書いた部分に批判的な意見を多く聞き、反省しました。そのため、その部分については削除するとともに、不愉快な気分をされた方々にお詫びします。


以前、このブログで、「貧困ポルノ」問題というテーマで、アリス・ゴフマンとマシュー・デスモンドという二人の社会学者の、話題になっている著作を取り上げた。

その中で、エスノグラフィーが、実際に社会政策などを通じて社会を良くすることを志向せず、人の不幸をおもしろおかしく書いているだけでは「貧困ポルノ」と呼ばれても仕方ない、ということを書いた。

アメリカを代表するエスノグラファーで、アメリカ社会学会や国際社会学会の会長だったUCバークレーのマイケル・ビュラウォイが、最近の論文でこれに似た問題を深掘りしている。



記述派の台頭

アリス・ゴフマンやマシュー・デスモンドに共通する、最近の流行の一つに、社会科学が長い間関わってきた大きな理論化を嫌い、「社会学は地道な観察と記述だけでいいのだ」という流れがあるように感じる。

社会科学者の仕事には、記述・解釈・説明・などの要素があるが、記述派の特徴は、すごくざっくり言うと、記述のみに情熱を傾けている点だ。

ゴフマンのOn the RunやデスモンドのEvictedはまさにこの類いの書き物で、大きな理論的貢献を目指さず、ひたすら「リアル」な人々の暮らしを書くことに注力している。

二人の本には、フィラデルフィアやミルウォーキーで自分たちが観察したことがらが、社会学理論の先人たちの言っていたことと、どのような関係があるか、という話はほとんど出てこない。

自分の出身校である、アメリカの超エリート高校の生活の描写を通して、アメリカのエリート像の変容を描いた「Priviledge」の著者で、コロンビア大学社会学部のシャームス・カーンも同様の方向を目指しているのか、最近、『Less Theory. More Description.』という論文をだして「社会学は理論的革新について心配するよりも、もっと現実の描写について考えるべきだ」と言っている。



もともとエスノグラフィーは、文学と科学のあいだでアイデンティティが揺れ動いているし、Zora Neale Hurstonのように、延々と、その場で起こ…

最新の投稿

2017年に読んだ本ベスト10(ノンフィクション)

新村(シンチョン)サウナの旅地図

「Bチーム」あさひな奨学金失敗の記録(フィールドワーク編)

I live in Tokyo, I live in Tokyo, I live in Tokyo…:留学に必要な試験TOEFLの話