スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

自己隔離日記④

ブログは2週間に一度は更新するのが目標だが、気付くと前回の更新から一ヶ月以上経っていた。まずは言い訳。

モチベーションの低下
これもひとえに、生活全般における意欲が非常に低下しているためである。
自室での軟禁生活もはや2ヶ月。本当に飽きた。締め切りもあるので、ブログで暇と書くと「働けよ」といわれそうだが。
家族がいる女性の研究者は、在宅で不利を被っているという記事を読んだ。こうして暇していられるのが大変な贅沢だということは重々承知だが、それにしても暇である。一人で部屋に軟禁され、海にもバーにもジムにも行けないし、研究以外にやることがない。
いま、大変な人がたくさんいる中で、わたしが部屋に軟禁されて難儀だ、という話を書くのもあまりに無神経だよなぁ、ということでブログ更新のモチベーションも非常に低下している。
日本に帰ろうにも、片道1,250ドルとか、経由地で乗り継ぎ待ち15時間みたいなトンデモチケットしか売りに出ていない。
まぁ、とはいえたまにメモ的に更新して置いた方がのちに何か思い出したいときなどに役に立つかもしれない。

この間の出来事
出来なかったことを思い出すと落ち込むので、この間に出来たことを書きたい。
昨年からずっと懸案だった論文を今週とりあえず投稿できたのは良かった。難易度高めの雑誌に送ったので、共著者の先生とも、正直ここには通らないだろうね、とは言っているのだが、目標は大きい方がよいでしょう。夏以降のことも考えないといけないので、二つほど小さな研究費のグラントに応募。
大学が書類を間違えたせいで、どうしたらいいのかまったくわからなくなっていた税金の申告をついに完了。
連邦税は還付があるが、州税を払うとマイナスである。大企業やミリオネアは得していいかもしれないが、低収入層におけるアメリカの税金は決して安くない。その割に公共サービスの質は…。アメリカにいた過去数年間、すごい貧困生活だったのに同じような収入のアメリカ人よりたくさん税金をとられた。アメリカに外国人としているといいこともたくさんあるけれど、この社会はポンコツな部分が多い。
最近はルッコラにはまっている。独特の苦みがくせになる。しかし、なにせルッコラの葉は硬い。生で食べていると全然へらなくてしなびてくる。そこで「ルッコラーメン」などの加熱メニューの作成にいそしんでいる。
現在のオススメは、ずかしさんという方がTwitterで…

最新の投稿

最近おもしろかったアメリカ社会学の本

自己隔離日記③

自己隔離日記②

コロナに翻弄された一週間

海外大学院生・ポスドクが心を病まないための趣味のススメ