スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

韓国から生存の報告・「日本社会入門の日本語教科書があれば良いのに」の巻

あけましておめでとうございます。 10月からブログを放置してしまっていた。一ヶ月に二度更新するのが目標なのだが、この分では一年に二度程度の更新となりそうである。 それもこれも、わたし自身の怠惰のせいでは決してない。昨今の緊迫した、かつ異様な社会情勢を見るにつけ、また、先週はマイナス19度を記録したソウルの過酷な寒さを鑑みるに、このようなくだらないことを書いていて良いのだろうか、という疑問がむくむくとわいてくる。 つまり、ブログを書くモチベーションが非常に低下しているのである。 しかし、たまには安否報告をしておこうかなと思った次第である。「2020年今年面白かった本」もまだ書いていないので、またそのうち書きたい。    最近は雪が何度か降りました。漢江も凍ったそう。 一応生きてます 寒すぎて刺身屋の魚が死んでたとき 最近のソウルは、料理屋は夜9時までの営業という状態で、わたしも最近はほぼ家とオフィスの往復なので外の状況はよくわからないが、直近では感染者数が減ってきていることもあって、外食している人たちもそこそこいるな、という感じだ。カフェはテイクアウトのみ営業可だったのだが、明日からは店内でも飲食できるそう。 政府から言われているのか、自己防衛策なのかはわからないが、美容室ではシャワーを使う時間を減らしているようで、座ったまま、プラモデルの塗装をする機械で頭を高圧洗浄・シャンプーされるという希有な経験をした。 韓国では12月の末から学期休み中であり、ワクワクドキドキの新入教員一学期目を終えて少しのんびりしている。 先学期の振り返り 学部でも大学院でも優秀な生徒さんに恵まれていて、楽しくはじめの一学期を過ごすことが出来たし、色々と学ばせてもらった。 オフィスメイトはM氏というエジプト人なのだが、愉快な人である。 M氏は先日、超カタコトの韓国語でインド料理屋に「チキンマサラカレー」の宅配を注文したところ、「野菜マサラカレー」が届いて憤慨していた。わたしもM氏が電話注文するのを聞いていたので、住所が聞き取れなくて届かないのではないかと懸念していたが、チキンと野菜が間違えられたのにはびっくりした。 なぜオフィスメイトがいるのかというと、他の大学ではどうか知らないが、わたしの現在いる大学では外国人と韓国人教員は待遇が基本的に異なっていて、外国人教員はオフィス共用という決まりらし

最新の投稿

韓国に行く。そして何もない部屋で隔離される

1年間のポスドク生活で楽しかったこと・難しかったこと

自己隔離日記④

最近おもしろかったアメリカ社会学の本

自己隔離日記③

自己隔離日記②

コロナに翻弄された一週間

海外大学院生・ポスドクが心を病まないための趣味のススメ