スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

カムリちゃんとの出会い(偏見が交錯する車選び)

先週、1年間のフィールドワークからハワイに戻ってきた。そして人生初の車を買った。



以前は、モペットと呼ばれている原チャリに乗っていた。モペットは車と違ってどこでもとめられるし、家の前に置いておける。ガソリン代も満タンで3ドルくらいと、非常に便利かつ安価である。


しかし、サーフィンからの帰り道、暗くなってから片道3車線のワイアラエ通りや、5車線のサウスキング通りなどを原付で走っていると、いつか轢かれてペシャンコになるんじゃないかと思っていた。

ハワイ最後の一年、サーフィンに安全に行くために、一念発起してとりあえず半年から一年くらいもちそうな激安車を買うことにした。
偏見が交錯する車選び Craigslistというサイトでの個人売買が主流なので、当然それで探す。しかし、普段6.5ドルのサンドイッチと6.75ドルのサンドイッチのどちらを食べるか真剣に悩んでいるくらいの貧乏人なので、車なんて買ったことがない。とりあえず同じ寮のG君にアドバイスを仰ぐ。走行距離が少ない車を探して、VINという車体番号を聞き出し、Carfaxというその車のオーナーシップや整備の記録をインターネットで入手するようにとの助言を受けた(一通40ドルほど)。


中古車の値段は高く、走行距離20万キロ、25万キロ超えは普通である。

まず見つけたのは、カポレイという郊外で売りに出ていた1,300ドルと格安の2005年製Kiaのミニバン。僕はいいと思ったのだが、まわりの人が「Kiaかー…」みたいな感じだったので断念(偏見だが、僕の偏見ではない) 。


次に見つけたのは、2008年のフォード・フォーカス。走行距離は25万キロと結構いってるが、比較的新しいし、見た目はきれいだ。オーナーにテキストしてみる。

こういう投稿には(カポレイ)とか(ワイキキ)とか売りに出ている地名が書いてある。この車は我が(マノア)であった。近いから見に行きやすいというのもあるが、 マノアは土地が高くて、白人とアジア人の年寄り勢が多いという印象の場所で、車もちゃんと手入れしてありそう、という偏見が発動した。

しかし、連絡をとってみると車があるのは○○○だそうである。「嘘つきじゃねーか!」となった。

こういう考えがよくないのだが(なので地名は出さないことにする)、○○○は 、ホノルルの中では治安がよくないと考えられていて、「夜は行っちゃダメ…

最新の投稿

生存報告:魔のエレベーター、京都、つげ義春的宿の話など

地域研究・学際系PhD進学はアリ?ナシ?(アメリカに限る)

ポンコツハワイ大学院生、派遣の仕事を探す

恋人は海の向こう:留学生の遠距離恋愛、傾向と対策

脱落率2分の1の裏側:大学院やめたら悲惨?