スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

念願の免許取得、そして二日酔いでサーフィンはマーライオン

ハワイは怒濤の日々であっという間に過ぎてしまった。三行日記風にするはずが、先週の前半のことを全く覚えていない…。写真もないので何をしていたのかわからない…。バイトの仕事でTくんにカネオヘのほうにつれていってもらったり、コオリナの方に行ったりいろいろしたような気もするが、記憶が……ない。三行日記はあきらめ先週のハイライトである。

ついに念願の免許取得

何を隠そう私は2年くらい前からハワイ州の運転免許実技試験に3回連続で落ちていた。しかしこのたび、晴れて免許を取得した(オー)。

とにかく試験が厳しいのだ。15点失点したら不合格。1回のミスがだいたい5点なので、3回ミスすると不合格。初めて受けたときは、一時停止で3秒間停止しなかったと難癖をつけられて不合格。

2度目に受けたときは、駐車場内でウインカーを2回出さなかったため減点10(道が一本しかなくて一方通行の駐車場内での話である)、駐車場から公道に出る際に停止しなかった(例の3秒ルールです)と難癖をつけられ、道に出る前に試験終了した。

その次に受けたときには、試験官の「曲がれ」という指示が遅れて黄色信号で交差点に進入、法規的には問題ないはずだが「車が交差点内から出る前に信号がもう赤に変わっていた」という不思議な論理で一発不合格となった(このように試験官たちはしばしば法を自在に解釈する)。

その辺からやる気をなくし(試験の予約待ちが3ヶ月くらいで、毎日こまめに空いている時間をチェックしないとすぐに試験を受けられないので面倒なのである)、1年くらい放置していた。しかし、さすがにそろそろ取らないとヤバいなと一念発起、友達についてきてもらって試験場に突入したのだった。

9時30分からオアフ島の真ん中のほうの田舎の試験場での予約だったので、気合いを入れて7時半に出発。私の運転も冴え渡って1時間前には試験場につき、試験場の周りの「ここで罠をかけてくるぞ」というポイントを入念にチェック、縦列駐車も10回ほど練習し、目をつむっても駐車できるほどのレベルに仕上げた。


試験はこのようなド田舎で行われた。

いざ試験。試験が始まる前に、ブレーキランプ、ウインカー、ワイパー等が動くかチェックする。前の順番だったローカルの若い女の子は、父親のBMWのブレーキランプがつかず、試験を受けられなかった。「かわいそ〜」と思っていたら、なんと僕の友達の車のブレーキランプも壊…

最新の投稿

今週の日誌:ハワイへ帰還だ!

当たり前だが「反日」ほど単純じゃない韓国

「絶望」の韓国と「さとり」な日本?①

最近あったこと、博士論文のフィールドリサーチ、そしてまたお金の話

エスノグラフィーは貧困ポルノか?

大学への就職は大変だ。の話

シリーズ 留学体験記

春休み記、そして今年も税金の季節がやってきた(ため息)

「ロコに大人気」というデタラメ:日本人がつくる「ロコ」

大学院生の日常とほめられたい欲求