スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

一行日記10月①セーラムに行った話、アメリカの大学にはびこる運動中毒の闇など

日本は台風で大変でしたね。僕が子どもの頃から高校生まで住んでいた伊豆も台風が直撃したということで、どうなっているのか心配。


最近のあれこれ


わたしは最近も変わりなく毎日オフィスに通っている。週に一度は休みたいけれど、休んでも車がないので自然等にいけないのが最近の悩み。平日は車が必要ないけれど、車がないと街の外にいけないという微妙な立地のせいで、週末はまったくレンタカーも空いていない。

特に変わったこともないので、何があったのかよく覚えていない。写真でごまかそうと思う。
スーパーはどこもハロウィンムード。なんとなくカボチャ味を買い、あとから「カボチャ味ってなに…?」と後悔する、の繰り返し。


サンドイッチは本当に飽きた!
たまにオフィス近くのやさぐれ中華料理店に行くようになったが、一人なのに円卓に通される、という辱めをしばしばうけている。わざわざ「一人だよ!」と強調するのもバカらしいので言われるがまま。

横山剣が「お客さん何名様ですか?見ればわかるだろ、一人だよ〜♫」と、歌っていたが、まさにその境地。

ハーバードスクエアの牛角に行ったら、デザートにスモアが出てきて楽しかった。

「牛角なんて10年くらい行ってないんじゃないかな〜」とか言っていたが、考えてみたら行ったことがあるような気がするだけで、人生で一度も行ったことなかったんじゃないか。

日本でもスモア出てくるんですか?

セーラムに行った

昨日はコロンバス・デイという祝日で休みだったので(コロンバスの新大陸発見にちなんでいるのだが、勝手に「発見」された人たちからすれば迷惑この上ない話である。マサチューセッツ州は進歩的なので、先住民の日と言う)、魔女狩りで有名なセーラムに行ってきた。


天気が悪いことが多いのでもの悲しい風景が多い。

アメリカ建国当初、セーラムは中国との陶磁器の輸入による関税収入で、全米のGDPの10%ほどを稼ぐアメリカで一番豊かな街だったそう(出典:フェリーのおじさん)。

アジア人も多い大学のまわりと違って、フェリーの中は白人観光客だらけで疎外感。朝からみんな安ビール飲んでるし。

観光客のおじさんはむやみやたらに昼酒しがち、というのは日本もアメリカも一緒なんだな、と、また一つ学びを得た。


最近新装したばかりというピーボディ・エセックス美術館も良かった。入ってすぐのところに、この美術館は先住民の人たちの土地の上に立っていますということが書…

最新の投稿

一行日記9月③隣人事件、The Soul of Care、仕事探しなど

一行日記9月②昼飯ホモ・エコノミクス、週末恒例の変な服ツアー、OPTの話など

一行日記9月②ハーバードにてレセプションの洗礼、William Julius Wilson先生の引退記念講演

ホノルルへなへな1行日記8月②ボストン引っ越し、自然を満喫、そして仕事探し

ホノルルへなへな1行日記8月①ホノルルからニューヨーク、デュボイスだらけのASA