スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「Bチーム」あさひな奨学金失敗の記録(フィールドワーク編)

Bチームでもめげない

わたしには不満がある。世の中には星の数ほど留学体験記があるが、私のような凡人の役に立つような情報がほとんど存在していない。 

あるのは受験のプロセスなど当たり前のことが書いてあるだけの受験指南か、留学先のショッピングモールや日系スーパーの情報などどうでもいい話、そして一番多いのが「Aチーム」とわたしが呼ぶ超エリートの自慢話。

Aチームとは東大や京大を優秀な成績で卒業し、 先生から高く評価されており、英語もTOEFL100点くらいは余裕で取れて、数学オリンピックに出場したとか、ホームレス生活からから成り上がったとか、差別に直面してそれを乗り越えたなどの特殊な人生経験がある人たちである。
こういう人たちの話は、わたしのようなBチームにとっては劣等感がかきたてられる以外の役割はない。そこでわれわれBチームのための留学体験記が必要となる。これは本のテーマになるのでこうご期待。
Bチームにとって特に問題となるのがお金問題である。Bチームは怠惰であるがゆえBチームになったわけなので、いかにして働かずに、そして死なないように生きるかが課題だ。そのために奨学金をゲットしなければならない。大学院村には大きく分けて以下のような5つのタイプの奨学金がある。
①大学院で勉強するための奨学金(村人初期)

②英語以外の語学を勉強するための奨学金(村人初〜中期)

③博士論文の研究をするための奨学金(村人中〜後期)

④博士論文を書き上げるための奨学金(村人後期)

⑤博士課程を卒業後の奨学金(脱村後)

全部大事だが、いまわたしは③と④のあたりで苦労している。以下が去年から今年に書けての私の失敗の歴史である。



2016-2017年あさひな奨学金失敗の記録

2016年

7月 りそなアジアオセアニア財団 (たしか80万円くらい)
→× 一次選考で脱落。理由は不明。
8月 Korea Foundation Field research Fellowship (約120万円くらい+航空券+保険)
→○ 受かった。先生の一人がすごい手伝ってくれた。
11月 Winner-Gren Foundation Dissertation Fieldwork Grant(約200万円)
→× 一次選考で脱落。主な理由はわたしの韓国語能力を疑問視されたことと、レビュアーが比較研究嫌いだったこと。学校の先生にこのレビューを見せたがみんな結構…

最新の投稿

I live in Tokyo, I live in Tokyo, I live in Tokyo…:留学に必要な試験TOEFLの話

同じ収入で来年は収入税が120万円増加?村人を襲うトランプ新税案の恐怖

英語メンタリティを葬りたい:南大門NYの友達事件を見て考えた

焼き鳥屋のパンクロッカーさんの犬の名前はウンコ

若者と政治:ご恵投のよろこびと富永京子さんの『社会運動と若者』