スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

地域研究・学際系PhD進学はアリ?ナシ?(アメリカに限る)

学際VS.ディシプリンここに、アメリカで学位を取得したい人がいたとする。社会学や人類学、またその他の人文科学系の分野では
1)ディシプリンと呼ばれる伝統的な学部(社会学、人類学、政治学などなど)2)Interdisciplinaryと呼ばれる地域研究・学際系学部(アジア研究、グローバルスタディーズ、エスニック・スタディーズなどなど)という選択肢がある。

どっちに行くか、というのは実際悩ましいところだと思う。

同時に、地域研究・学際系のリアルなデメリットに関する話もしばしば聞く。とはいっても、僕が知っているのは、アメリカの(日本の学際学部がどうなのかは知らない)主に地域研究と社会学・人類学などのディシプリンの関係を念頭にした一般論にすぎない。


地域・学際系の魅力学際系の教育レベルが、伝統的な学部のそれに対して劣っているということはない。場所によってはUCSCのHistory of Consciousnessみたいにダナ・ハラウェイ がいたり、アンジェラ・ディヴィスがいたりと豪華なところもあるし、学際的な学部で学ぶのにはそのメリットがある。

たとえば、分野によってはディシプリンのあり方そのものに問題があるという向きもある。僕のセンセのひとりで、グローバリゼーションの割と有名な研究者は、社会学や政治学が、 国民国家という分析単位に固執することを批判して、グローバルスタディーズの重要性を説いている。

また、 一概には言えないが、研究自体が必然的に学際的になるテーマというのはある。たとえば、僕が今やっているテーマだと、労働経済学、人類学、社会学、カルチュラルスタディーズ、文学、などなど様々なアプローチでみんないろいろ書いている。 自分の学部にいろいろなディシプリンの先生がいて、様々な角度から一つのテーマについて学べるというメリットはある。

地域・学際系学部では、テーマや地域ごとに人が集まっているわけで、ある程度の問題関心が共有されている。たとえば、普通のアメリカの社会学部には、アジアに関する知識のある先生や学生は、いたとしても学部に数人くらいだろう。しかし、そもそもアジアに興味のある人しかいないアジア研究学部ではまったく環境が異なる。

そもそも、自分の研究テーマを教えてくれそうな先生がいないと入れてもらえなかったりもするので、アジアのことなどをやっていたら、地域ごとのフィットが考慮される地…

最新の投稿

ポンコツハワイ大学院生、派遣の仕事を探す

恋人は海の向こう:留学生の遠距離恋愛、傾向と対策

脱落率2分の1の裏側:大学院やめたら悲惨?

お昼ご飯問題:ホノルル・ソウル・東京の比較(あくまで主観的観測)