スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「学会」に意味はあるか?〜ポルトガル大航海編②

村人会議では何をするのか?第一に発表をする、第二に発表を聞く、第三に村人と知り合いになる。非村人からすると、そんなことして意味あるのか、という疑問がわくと思う。わたし自身、村人歴が浅いので、学会に本当に意味があるのかよくわからない。先輩村人に聞いてみたいところである。以下、村人見習いの私の思うところである。

発表をする→(意味=×または△)
一応ポルトガルでも発表してきた。おきまりの流れとしては、まず発表者が発表する。それに対して、コメンテーターがコメントし、そのあと居合わせた村人から質問が出る。その後、発表した人のまわりに他の村人がすり寄ってきて、「イヤー発表おもしろかったですー、私も実はこんな研究をしてるんですがー、それで、あのところをちょっと疑問に思いましてね…」といった社交タイムである。
問題はこれに意味があるかどうかである。
いわゆる「リアル科学」系の学問だと発表だけでも業績になることもあるらしい。社会科学では発表は業績には(ほとんど)ならないので、学会に行っても時間の無駄という感じは否めない。
発表の際にもらえるコメントはありがたい。しかし、しばしば質疑応答の時間が短くてあまり大したコメントがもらえなかったりする。例えば今回は時間の関係上、各発表者一つしか質問やコメントをもらえなかった。また、大きなカンファレンスだと文脈がわからない人がトンチンカンなことを言ってくることもある。
また、クセの強い質問者(a.k.a.バカ)というのがいて、例えばハワイ大学には、日本に関する発表に必ずやってきて、それが大昔の遊郭の研究だろうが、東アジアの歴史認識の発表だろうが、現代のジェンダー不平等に関する調査だろうが、内容に関係なく必ず「私は戦時中の日本人のパンパンの研究をしてるんですが、パンパンについてはどうですか?」と無茶苦茶な質問をしてくる恐ろしいひとがいる。また、韓国に関わる研究の発表だと、だいたい北朝鮮オタクが混じっていて、「北朝鮮と韓国が統一する可能性は?」というような関係ない質問をしているのをよく見る。
ただ、他の人に理解してもらえるように発表を考えることによって自分の思考が進化するということはある。
発表を聞く→(意味=△)
他の人の発表から学ぶことは多い。しかし、人の研究を聞いても必ずしも自分の研究が良くなるとは限らない。また、発表の質は玉石混合なので普通に論文を読んだ方…

最新の投稿

「学会」とは何か?〜ポルトガル大航海編①

念願の免許取得、そして二日酔いでサーフィンはマーライオン

今週の日誌:ハワイへ帰還だ!

当たり前だが「反日」ほど単純じゃない韓国

「絶望」の韓国と「さとり」な日本?①

最近あったこと、博士論文のフィールドリサーチ、そしてまたお金の話

エスノグラフィーは貧困ポルノか?