スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

当たり前だが「反日」ほど単純じゃない韓国

数日前に韓国での語学研修とフィールド調査の準備から帰国し、東京でのんびりしている。韓国では特にハワイ大学の韓国系の友人たちや、むこうで会った人たちに大変お世話になった。普段行くことができない分、日本に帰ってくると毎日本屋で立ち読みしまくるのだが、いまだ嫌韓本の勢いはすごい。家の近くの書店では百田尚樹とケント・ギルバートの嫌韓系トンデモ本がそれぞれ売り上げトップ10に入っていたが、中野でこれだから田舎にいったらもっとすごいのかなぁ、と思ってしまう。韓国でさんざんむこうの人に優しくしてもらい、助けてもらったあとに、こういう韓国人を一括りにしたトンデモ論の盛り上がりを見ると違和感がある。

割り勘禁止

韓国ではいろいろなところに連れて行ってもらって、おいしいものを食べさせてもらった。日本に来た観光客の人もそうだろうが、ついたばかりの私には、うまいとかまずいとか、高いとか安いといった基準すらわからないので大変助かった。韓国社会は割り勘をあまりしない。そのうえ、外国人の我々には絶対に払わせてくれない。さすがに毎回ごちそうになるわけにも行かないので、そろそろ会計という雰囲気になってくるとキャッシャーにダッシュするのだが、絶対に払わせないという姿勢はすごい。外国人ともなると、レジの人までグルになって絶対私のカードは受け取らない。


つれてってもらった豪華海鮮焼き。うまいかったー。


韓国のひともうなぎを食べる、ただしコチュジャン味。

その上、韓国語があまりできないわたしをいろいろな人に紹介してくれたり、インタビューできる人を探してくれたり、いろいろな契約等についてきてくれたりと、さんざんお世話になりっぱなしだった。毎度お世話になって恐縮していたら、お前はお世話を受ける立場なんだから、黙って好意に甘えろとパイセンに怒られた。文化的違いなのだろうが、とにかく面倒見がいいというか、人情があるというか、優しいのである。日本で他の国の学生におごったことなんて一度もない私は反省しきり。

「反日」という大発明

と、わたしの周りの人が優しいからといって韓国人がいい人だとか悪い人だとかいうつもりはないが、それでも嫌韓本が言うほど世界は単純じゃないということを言いたい。嫌韓的な人たちは勢いがあるが、その理由の一つは、嫌韓知識人たちが「反日/親日」というカテゴリーを再発明して、世界の見方を変えたことだと感じる。いわく、…

最新の投稿

「絶望」の韓国と「さとり」な日本?①

最近あったこと、博士論文のフィールドリサーチ、そしてまたお金の話

エスノグラフィーは貧困ポルノか?

大学への就職は大変だ。の話

シリーズ 留学体験記

春休み記、そして今年も税金の季節がやってきた(ため息)

「ロコに大人気」というデタラメ:日本人がつくる「ロコ」

大学院生の日常とほめられたい欲求

人間は他の生物を食べてもいいのか?

英語で書くという難問(社会学・人類学版)