スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

同じ収入で来年は収入税が120万円増加?村人を襲うトランプ新税案の恐怖

トランプ新税制案

今と同じ年収で税金が年に120万円分増えたら、つまり月に10万円出費が増えたらどうする?

アメリカ大学院村の村人こと大学院生たちを恐れおののかせるトランプ政権の新税案が今月9日に発表された。

比較的保守的なフォーブス誌をして、この税案は「アメリカの大学院教育を破壊する」と言っている。何がこれまでと異なるかというと、これまで課税の対象外だった学費免除が収入として課税対象となることだ。

[Updated] The proposed GOP tax bill would slam grad students and schools by taxing tuition waivers. Learn more: https://t.co/1GwFT077kIpic.twitter.com/pUjwQebM7l — Lego Grad Student (@legogradstudent) 2017年11月7日
大学院村の学費は高く、とても個人では払えないので、村の住民の多くは学校で週20時間程度助手として働く代わりに生活費がもらえて、授業料が免除になる仕事に頼って生活している。

これまで、生活費は課税対象だったが、授業料は課税されてこなかった。これは学校が免除しているだけで、実際にはお金をもらっていないので当然といえば当然である。しかし、新税法が実際に施行されたら、村人たちの実質的な収入は現在と同額のまま、税法上の収入が大幅に増加することになる。累進課税だから実質払えないような額になる。

税金の値段は控除の内容などによって一人一人違う。しかし、村人全員にとってヤバい状況なのは一緒だ。全米で14万人以上の村人が影響をうける可能性がある。

収入税が120万円増加?

例えば、プリンストン大学歴史学村で助手をするこの学生デイビット君の場合(プリンストン大学はお金持ちなのでデイビット君も村人にしてはお金持ち)。

現在の年収:約370万円
現在の1年あたりの税金:約30万円
新税案下の税金:約150万円(実際の給料は370万円のまま920万円分課税される)

デイビット君の収入は年に約370万円のまま変わらないのだが、税金を年に120万円余分に払わなければならない。デイビット君の計算によれば税率8%から41%への急激ジャンプである。

月収30万円以下の給料から余分に10万円払ったら生活はめちゃくち…

最新の投稿

英語メンタリティを葬りたい:南大門NYの友達事件を見て考えた

焼き鳥屋のパンクロッカーさんの犬の名前はウンコ

若者と政治:ご恵投のよろこびと富永京子さんの『社会運動と若者』

全州(チョンジュ)紀行〜ハウォンさんと彼氏と、時々ソンベ〜

「学会」に意味はあるか?〜ポルトガル大航海編②

「学会」とは何か?〜ポルトガル大航海編①