スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

エスノグラフィーは貧困ポルノか?

アメリカでもハワイでも韓国でも経済状況が悪くて不平等がひどくなっていることを多くの人が体感している。それゆえ、貧困にかんするエスノグラフィー(住み込み調査みたいなものです)がとても多くなっていて、他人の貧困をある種のポルノとして飯だねにしているという批判がある。私の博士論文の研究も東京とソウルの若者の経済的不安のエスノグラフィーなので耳が痛い。



代表的な例を二つあげたい。アメリカ社会学では、アリス・ゴフマンの On the Run: Fugitive Life in an American Cityというフィラデルフィアのゲットーでの6年間の生活と参与観察をもとにした本が2014年の発売以来論争を起こしていて、ここハワイ大でもいまだに語り始めるととまらくなってしまう生徒や先生がいる(もうさすがに飽きたよ!!)。また、ハーバードの社会学者、マシュー・デズモンドが書いたEvicted: Poverty and Profit in the American Cityという、ミルウォーキーでの参与観察にもとづいた、貸家から追い出される貧困層の話も賞を取りまくっていて、最近ではノンフィクションの賞で最も権威あるピューリッツァー賞も受賞した。




On the Run

アリス・ゴフマンは超有名な社会学者アーヴィング・ゴフマンの娘で、ペンシルバニア大学に在学中に授業のレポートのために学食で働くアフリカン・アメリカンの人々の生活を参与観察したことから、彼らが住むアメリカでも最も貧しいエリアに移り住み、社会から虐げられているアフリカン・アメリカンの生活を書いた。本と同名の博士論文はアメリカ社会学会の最優秀博士論文賞にも選ばれた。

本はアフリカン・アメリカンの人々を取り締まる異様なアメリカの警察機構による暴力を子細に記述しており、そのコミュニティの人は多かれ少なかれマリファナの所持とか免許不携帯とかの微罪で警察から逃走中であることから「逃亡中」というタイトルになっている。刑務所が民営化されているアメリカではどうでもいいことで人を捕まえてぶち込まないと刑務所のベットに空きができてしまうので儲からないし、そういう人たちを時給数十円で奴隷労働させないとそれに依存している企業が困ってしまう。アメリカは奴隷制を廃止したが、警察の力を使って国内に奴隷労働の仕組みを維持しているのである。



と、いうことがストーリ…

最新の投稿

大学への就職は大変だ。の話

シリーズ 留学体験記

春休み記、そして今年も税金の季節がやってきた(ため息)

「ロコに大人気」というデタラメ:日本人がつくる「ロコ」

大学院生の日常とほめられたい欲求

人間は他の生物を食べてもいいのか?

英語で書くという難問(社会学・人類学版)

A Sociology of Potluck

ポットラック(持ち寄りパーティー)の社会学

トランプ就任式とハワイ発のウイメンズ・マーチ