スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「ハワイの人種」の授業とインテレクチュアル・セーフティ

今学期はなぜか、ハワイの人種に関する授業のTAをしていて、読んだことのないリーディングを読んだり、生徒さんたちがアレンジしてくれたフィールドトリップでタロイモ畑に行ったり、博物館に行ったり、一緒に勉強できて非常に楽しかった。

ハワイは人種関係のパラダイス? ハワイは、「すべての人種がマイノリティ」などといわれ、「多文化モデル」を具現化した「人種関係のパラダイス」といった扱いをうけることが多いが、人種間のテンションはアメリカ本土とは違う形で根深い。また、先住民の抵抗のアイデンティティのベースとして、血や人種が使われていることもしばしばあって、人種というカテゴリーを除去すればすべて解決する、というわけにもいかない。生物学的根拠はないのに、人種はそれくらい「リアル」なのである。


授業には、ネィティブハワイアンの学生、アジア系の学生、ヒスパニック系の学生、白人の学生、黒人の学生、ハワイ出身、アメリカ本土出身、アメリカ以外出身と様々な学生がいる。先生がうまく導くこともあって、ディスカッションはしばしば喧々諤々である。それぞれのアイデンティティに関わる問題だけにみな真剣。

たとえば、「白人特権」ひとつにしても、教科書的に言えばそれは、疑いなく存在する。ネイティブ・ハワイアンの人たちからすると、白人というその存在自体、植民地主義を体現していると考えることもできる。 そもそも、ハワイが植民地化されたという歴史的経緯や、その過程でネィティブ・ハワイアンの人たちが周辺化されてきたこと、白人やアジア人が富を集中的にかかえこんだこと、は事実だから。
しかし、ひとりひとりの体験に目を向ければ、ハワイの離島出身で、自分のまわりには白人は一人もいないという環境で育った白人の学生が、自分は生まれてからずっとマイノリティで、ハワイで生まれ育って他に行くところもないのに「ハオレ」と呼ばれてみんなとは違う存在だといわれてきた、という。または、ホノルル市内の似たような環境で育った人が、いつも白人というだけで狙われるから自警のためにギャング団を作るしかなかった、という。
すると、みんな「うーん」という感じで考えてしまう。問題は複雑だ。(ハオレは、もともとハワイの出身ではない人を指す言葉だが、今は主に白人のことをさす。蔑視的なニュアンスが含まれていることも多い。) 
インテレクチュアル・セーフティ いまの例のポイントは、…

最新の投稿

大学院生の見えないProcrastination問題

カムリちゃんとの出会い(偏見が交錯する車選び)

生存報告:魔のエレベーター、京都、つげ義春的宿の話など

地域研究・学際系PhD進学はアリ?ナシ?(アメリカに限る)

ポンコツハワイ大学院生、派遣の仕事を探す

恋人は海の向こう:留学生の遠距離恋愛、傾向と対策