スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

2019年に読んだ本ベスト10

2019年は、前半は博論で常に半死状態、後半はボストンの寒さで常に半死状態の一年だった。




誰にも求められていないけれど、今年も趣味で読んだ本ベスト10。例によって、今年出た本とは限らず、わたしが今年たまたま読んだ本の中で、本来なら、友達に「これおもしろかったよ!」と言いたかったけれど、友達があまりいないので(涙)、オススメされることのなかった本たちのリスト。

韓国 行き過ぎた資本主義 「無限競争社会」の苦悩


韓国在住のフリージャーナリストの方が、韓国社会の厳しい競争について書いた本。非常に平易に書かれていて、おもしろいというと語弊があるが、ものすごくおもしろい。例えば、エリート塾の入塾試験をパスするための塾に通う子どもたちの話とか、めちゃくちゃである。

「品の悪い中年男性」を蔑む言葉「ゲジョシ(犬=ゲ+おじさん=アジョシ)」など、社会問題を形容する言葉を量産する韓国の人のクリエィテイビティにも脱帽。

翻って、日本は一見幸せそうに見えるが、テレビを見ていると大事な社会問題はほとんど報道されていなくて、忘年会に行かない若者とか、ラグビーがどうのこうのというポンコツ報道ばかり。社会問題への関心が高い韓国よりも悲惨な状況なのではないか。


社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。


こんな生活をしてみたいと思わされる憧れ本。

社会不適合者を自認する僧侶の著者が、車以外全て捨て、車で寝泊まりしながらサーフィンしたり、たまに「派遣僧侶」として仕事をしたりと、行き当たりばったりの生活に自由を見つけ、社会不適合者であることを肯定する。

見出しも「女性の身体に般若心経を書いてクビに」、「寺が人で賑わいすぎてクビに」、「養子に行った寺でクビに」などハチャメチャ。

僧侶という立場にありながら、「結婚するもニュージーランドへ逃亡」の章では、彼女から押し切られ「家賃を折半できるのも魅力だった」と結婚するも、夫とはこうあるべきという像になじめず、「妻はとにかく鬱陶しかった」と、いきなりニュージーランドに逃亡してしまったり、正直に書けちゃういさぎよさが非常にすがすがしい。

トラジャ JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉


ものすごく重い本だが、ギッシリと内容が詰まった、これぞ力作。2018〜19年のJR 東日本労組3万5千人脱退に至るまで、JR労組「崩壊」の内部で起こっていたことを詳細かつ物語の迫力を持って書かれ…

最新の投稿

真冬到来、パイプ事件、大家さんの凡庸なレイシズム

ドイツに行ってきた

一行日記10月①セーラムに行った話、アメリカの大学にはびこる運動中毒の闇など

一行日記9月③隣人事件、The Soul of Care、仕事探しなど

一行日記9月②昼飯ホモ・エコノミクス、週末恒例の変な服ツアー、OPTの話など

一行日記9月②ハーバードにてレセプションの洗礼、William Julius Wilson先生の引退記念講演