スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

恋人は海の向こう:留学生の遠距離恋愛、傾向と対策

恋人は海の向こう
大学院生といえども恋愛くらいする。
海外の大学院、とくにハワイのような僻地ともなると、遠距離恋愛をする大学院生が多い。そして、これがなかなかやっかいな問題である。遠距離恋愛はむずかしい。ぼくも失敗経験しかない。
毎日電話していたのに、ある日突然違う相手とデートをしていたり、遠隔地に奥さんがいるのに違う人を口説こうとして、相手から奥さんに通報された、という悲惨だが笑える話もある。

留学中の人に限らずとも、こういう問題をかかえている人は多いはず。
遠距離恋愛というのは、人の移動が増えたことの一つの結果であり、これほど多くの人が遠距離恋愛状態にあるというのは、すごく今日的な事象といえる。
社会的関心度の高まりを受け、これまでの見聞を総合、さらにふたりのエキスパートから監修を仰いだ。
これは、あくまでぼくとふたりの専門家の経験から経験的に導き出された仮説に過ぎず、今後の検証が待たれる(と、意味はなくても学術調に言ってみる)。
なぜ上手くいかないのか?
さて、遠距離恋愛はなぜむずかしいのか?まず、高校生時代からシンガポール、日本国内、アメリカで数年おきに転居、遠距離恋愛と破局を繰り返してきた元カノに聞いてみた。いわば、グローバル遠距離恋愛失敗コンサルタントである。すると以下のような問題点が浮かび上がった。
1.人格の変化
環境が変わる、周りの人たちが変わる、新しいことを学ぶ。自分のパーソナリティとか、興味関心もかなり変わる。それゆえ、しばしば「変わっちゃったね…」という昭和のドラマのようなセリフを聞くことになる。
2.共通の話題の消滅
相手は自分の知らないところで、自分の知らない人たちと、自分の知らないことをしている。それゆえ、話すことがなくなりがち。もしくは、自分がそこに参加していないのでどうでもよくなりがち。
ぼくも、電話で聞くハワイの寮の話の登場人物が常に同じなので、「お前らドラえもんの世界か!」と思ってしまい、喧嘩になった。
3.こっちで話す人ができてしまう
人格の変化、共通の話題の消滅によって遠隔地の恋人と話すことがなくなっているときに、自分のしたい話が、より通じる相手があらわれる。これが、失敗のメカニズムだそうだ。

4.「同じ空間にいるってこんなにすばらしいこと」
という名言がコンサルの口から飛び出した。匂いとか、言語化できない要素は大事だそうだ。「触れるってすごいこと」という名…

最新の投稿

脱落率2分の1の裏側:大学院やめたら悲惨?

お昼ご飯問題:ホノルル・ソウル・東京の比較(あくまで主観的観測)

シカゴから約100年と6,800km:ハワイ社会学