スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ソウルで車を買う

春。気候が最高である。 ということで(?)、一念発起して車を買った。 ソウルは東京同様、公共交通機関が非常に便利なので、車は必要ない。というかむしろ駐車場代と渋滞を考えると、子どものいない家庭にとってはステータスシンボル以上の意味はないように思う。 しかし、わたしはサーフィンがしたい。温泉にも行きたいし、KTXじゃ行けない田舎にも行ってみたい。 車なんて中古車屋に行って買えば良いじゃないかという話なのだが、そこは外国人の悲しいところ。中古車屋がどこにあるのかもわからない。というかソウル市内では一度も見たことがない気がする。 事前調査 そこで、友達と、たまに行くバーのお兄さんの2人に聞き取り調査をした結果、両者ともEncarやKcarなどの、日本でいうところのカーセンサーのようなオンラインサイトで、実物を見ないで買ったということが判明した。場所によるが、5000円くらいで家まで届けてくれるらしい。さすがデジタル社会。 ヒュンダイ(最近は韓国語風にヒョンデというらしい)やキアといった韓国ブランドはアフターサービスがいいが、中古車の値段が下がりにくいので、こだわりがなければGMかルノーサムスンが安くて良い、という耳寄り情報も入手した(あくまでN=2)。もちろんこだわりなんてない。 インターネットで車探し 韓国ではセダンや大きな車が人気らしいが、わたしには必要ないので、バーのお兄さんオススメのGMスパークという軽自動車に絞って探す。 たしかに、自動車サイトは写真もすごくいっぱいのっているし、診断付き(少し割高)の車を選ぶと、交換したパーツなどものっている(写真参照)。いつ、どのくらいの修理をしたのかも、保険の履歴からわかる範囲で見ることが出来る。たしかに、見ないで買うのもアリだなとは思った。 たとえば、この車は右側両ドア交換した模様 いかにも怪しい人たちが、いかにも怪しい車を売っているアメリカのCraigslistとは雰囲気が異なる。 とはいえ、結局は中古車だし、こうした情報もどれくらい信用できるのかは不明。基本ワックスか何かで外見はピカピカにしてあるので、写真を見ても良し悪しはよくわからない。最終的には運の問題と割り切るしかないだろう。 わたしはCraigslistで1400ドルで買った大昔の車をなんの修理もせずに1年間乗り、のち

最新の投稿

2021年に読んだノンフィクション本ベスト10

韓国の大学教員一年生が驚いたこと

冬休み中のアレコレ——切符おじさん事件@釜山/焦げる肉@仁川などなど

韓国から生存の報告・「日本社会入門の日本語教科書があれば良いのに」の巻

韓国に行く。そして何もない部屋で隔離される