スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

韓国に行く。そして何もない部屋で隔離される

8月にブログを更新してからまた2ヶ月も経ってしまった。

その間、論文を書いたり、オンライン形式で授業をしていたりしたのだが、実家に3ヶ月以上もいると
平日は近所のガストに出勤(ガストに開店と同時に入ってまずい朝飯を食べた後、研究活動をすることの通称)犬と遊ぶ+家でまったり週末になるとT君と遊ぶ
というダラダラ生活が完成してしまい、ブログが非常におろそかになってしまった。

今年の夏はだいぶ犬遊びした
新しい学校での授業からは色々と学んでいる途中なので、それについてはまた別に書きたい。大学自体は小さくないのだが、小さな学部の所属なので、学部・大学院ともに今までに経験がないレベルの少人数授業をしており、色々と新鮮で学びが多い。

ともあれ、待つこと数ヶ月、やっと韓国にこれました!

ビザがおりるまで

時を戻そう(ぺこぱというお笑い芸人が面白い、という学びを今回の日本滞在から得た)。

わたしは6月にアメリカ・ボストンでの自宅軟禁生活を脱出し、東京にある実家に身を隠し、のんびり生活を始めた。

8月の中旬にはソウルに行き、9月からの新学期に備えるはずだったのだが、いろいろと書類のためにやらなければいけないことがあり、8月初旬に東京の韓国大使館にビザ申請に行った。
大使館のホームページには、申請後3日で受領可と書いてあったのだが、窓口で「今なら1ヶ月はかかりますね」といわれ、仰天したのだった。

1ヶ月半を過ぎても何の音沙汰もなく、大使館に電話をかけても役に立つ情報はない。
「もう今学期はずっとオンラインかな」と、なかばあきらめていた10月初め、いつも通り実家の近所のガストに出勤し、なんとなく韓国ビザのポータルサイトを見た。
すると、「審査中」だったのが「許可」になっていた。

昨年の夏は、アメリカのOPTという学生ビザの延長がいつまでたってもおりなくて、給料がもらえなくて生活費が尽きるんじゃないかと気をもんでいた。
今年の夏は韓国ビザを待っていたら終わった(ちなみに、韓国の大学からはまだ給料をもらえていない)。

外国人でいるのも大変である。
ともあれ、数日前にやっと韓国に来ることが出来た。

韓国入国

韓国では、現在でも基本的に入国者は2週間の隔離生活を送らなければならない。短期ビザの人は、基本的に政府が用意したホテルで、おおよそ一日最大1万5千円程度を払って2週間過ごすらしい。

長期ビザの人や韓国パスポートの人は自宅で過ごし…

最新の投稿

1年間のポスドク生活で楽しかったこと・難しかったこと

自己隔離日記④

最近おもしろかったアメリカ社会学の本

自己隔離日記③

自己隔離日記②

コロナに翻弄された一週間

海外大学院生・ポスドクが心を病まないための趣味のススメ