スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

韓国の大学教員一年生が驚いたこと

韓国では、学期が終わった。 いたらないことが多い中、まわりの先生方や生徒さんには本当にお世話になってばかりで感謝しかない。ゲスト講義をしてくださったみなさんにも感謝。来学期も、ゲスト講義やオンラインでの授業交流に興味があるよ!という方がいれば是非ご 連絡を〜。 と、同時に、コロナに翻弄された韓国での新人教員一年生が終わった。 「夏の間にいろいろと頑張らないと!」という感じなのだが、アメリカの大学院を出たあと、韓国にやってきたわたしが韓国の大学について驚いたことを少し書いてみようと思う。 以下は、韓国の大学にくわしいみなさんなら常識のことだろうし、日本の大学にくわしい人からしても、たいして驚きはないのかもしれない。わたし自身が実際に体験してみたらびっくりした、という話なのでつまらなくてもご容赦を。 ①授業が長い 他の学校はどうなのかわからないが、わたしの担当している授業は学部も大学院も各授業が週に1回、3時間と長い。 人生最長である。 平時であれば、教える側も、生徒さんも週に何回も学校に来なくて良いとか、動画をみたり時間がかかったりするアクティビティができる、というメリットもあると思う。しかし、オンライン授業では、できるアクティビティの種類が限られている。 そんなに長時間、講義を集中して聴くのは不可能だし、アクティビティもディスカッションが中心になりがちで、お互いにとってつらい部分が多かったと思う。 ②学期が長い わたしが 大学院でいった ハワイ大学はいわゆるセメスター制(2学期制)で、日本での学部時代(3学期制)にくらべると、本当に学期が長いなと思っていた。 しかし、ここはさらに長くて1学期16週間。 コロナでなければ、学期の半ばでいろいろと楽しいことをやったり工夫したりできると思うのだが…(上記参照)、お互いにつらい部分が 多かったと思う 。まぁ慣れの問題なのかもしれない。 ③学食は美味しい  同窓のみなさんはわかると思うが、わたしが日本で卒業した大学の学食は本当にまずかった。おそらく日本一ではないか。 ハワイ大学の学食はそこまで悲惨ではないのだが、肉と米とたくわんだけがギュウギュウに詰めこまれたドカベンのような弁当が1,000円とか、金銭感覚がいつまでたってもデフレジャパンスタイルの貧乏人ことわたしにとっては、「うーん」という感じであった。 それらと比べると

最新の投稿

冬休み中のアレコレ——切符おじさん事件@釜山/焦げる肉@仁川などなど

韓国から生存の報告・「日本社会入門の日本語教科書があれば良いのに」の巻

韓国に行く。そして何もない部屋で隔離される

1年間のポスドク生活で楽しかったこと・難しかったこと

自己隔離日記④