スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

シカゴから約100年と6,800km:ハワイ社会学

ハワイ社会学
社会学は、激動の19世紀から20世紀ヨーロッパで芽吹いたとされる。太平洋の真ん中にポツンと、そしてのんびりと浮かぶハワイとは相当縁遠く感じられる。 しかし、ハワイと社会学のつながりは意外と長い。

ボストン大学の教授、ジュリアン・ゴーによれば、アメリカで最初に提出された社会学の博士論文は、1893年—くしくもハワイ王朝がアメリカ政府に乗っ取られたその年—に、コーネル大学に提出された『The Making of Hawaii: A Study in Social Evolution』というものだという。
ここでは、ハワイ唯一の研究大学、マノア村に注目して話をするが、ハワイ大学創立から13年後、そしてアメリカ社会学会の創設から15年後の1920年に、ハワイ大学の社会学部は誕生した。
現在アメリカ社会学のトップ校であるハーバードの社会学部が1930年代(当時はSocial Relationsという学科名だった)、UCバークレーにいたっては1950年代に創立されている。こんにちのイメージに反して、ハワイの社会学は遅れてやってきたわけではない。


教科書では、アメリカ社会学の制度的な基盤が最初に整ったのは、シカゴ大学だったと言われることが多い。同時期にコロンビア、イエール、デュボイスのいたアトランタなど様々な場所で、アメリカ社会学を確立しよう、という動きがあった。

シカゴの社会学部は、大学自体の設立とほぼ時を同じくして、1892年に、アメリカで最初の社会学の教科書を出版した男、アルビオン・スモールを中心に立ち上げられた。スモールはまた、アメリカを代表する社会学雑誌American Journal of Sociologyの創刊にも尽力した。

しかし、後に、シカゴ学派と呼ばれることになる、シカゴという都市を舞台に、さまざまな方法論をもちいた実証研究というブランドを明確にしたのは、ロバート・パーク、ルイス・ワース、ハーバート・ブルーマーといった次の世代のシカゴ村人たちである。

シカゴ社会学ホノルル支店
初期のマノア村は、シカゴ社会学ホノルル支店だった。

パークらがシカゴにいたその頃、シカゴ大学の経済学者だったロマンゾ・アダムスがハワイに来て、社会学部をつくった。そして、そこにシカゴ学派の社会学者たちが参加してきた。

ロバート・パークも、1920年から1年間、訪問研究員としてハワイ大学に滞…

最新の投稿

調査協力者がレイシストだったらどうしよう?

デスモンド、いや「記述派」問題:社会学は記述すれば十分か?

2017年に読んだ本ベスト10(ノンフィクション)