そして納豆グローバリゼーション

前回、精神治療のグローバリゼーションががいかに世界各地や日本での精神病のあり方を変えたかを書いた。そして、謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉を読んでグローバリゼーションの全く違う側面を書いているねとあさひなが言ったから今日は納豆記念日。

納豆をたべることについて語るときに高野さんの語ること(©エロ小説を書き続ければノーベル文学賞候補になれると証明した男)


その昔、ミャンマーの奥地カチン州のジャングルを現地のゲリラ軍と歩いて中国からインドまで移動しようとしていた著者の高野さんは、山奥の家で生卵かけ納豆ご飯がでてきてびっくりする。その後もタイのチェンマイでシャン族がつくっている納豆を目にしたり、経験的にアジア各地に納豆があるということを知っていたが、納豆は日本のものだとみんなが思っているので説明もできずに困っていた。

その謎の「アジア納豆」を本書で掘り下げ、ミャンマー、タイ、ネパール、中国などアジア各地で納豆取材を敢行、さらには自分で納豆作りまでしている。納豆はそれらの場所で本当に、そしてさまざまな食べ方で食べられていた。アジア納豆は日本の納豆ほど粘っていなくて、もちろんニンニクやパクチーなどの薬味などとまぜてそのまま食べることもあるが、炒めたり、スープにしたり、はたまた味噌のような感じでつかうことが多いらしい。日本人は納豆を自分たちの食べ物だと思いこんでいるものの、むしろ食べ方に関しては「後進国」。

納豆民族仮説

と、ここまでは単なるアジア各地に納豆があるというだけの話で、僕は納豆に特段強い興味があるわけではないので「ふーん、おもしろいな」という以上の感想はないのだが、大事なのはこの本が納豆発展の規則性について大胆な仮説を提示していることである。

いわく、「納豆民族はアジア大陸では常に国内マイノリティにして辺境の民だった」(9章)。納豆はアジア各地の内陸部、つまり魚など他のタンパク源へのアクセスが限られている地域において民族的マイノリティたちのあいだで消費されていた旨味調味料である。高野さんは秋田県南部の山沿いを日本のシャン州こと「日本における納豆の本場中の本場」と称しているが、日本を例外として、高野さんが取材した他の地域ではこんにち納豆は沿岸部で食されることが少ない。

大豆を煮ると割と簡単にできるため、納豆はアジア人たちが手に入れた最初の大豆発酵食品だったのではないかというのが高野さんの議論である。文明が発達し、人口が多く、支配的民族が住むのは海や川に近い平野部であり、それらの地域では魚や肉、塩や油などが手に入る。魚醤やカレー、中国の醬など他の調味料を開発したマジョリティは納豆を食べなくなる。大豆しか育たないような山のやせた土地に迫害を逃れて住む民族マイノリティだけが今日まで納豆を食べ続けているのは偶然ではないという。

高野さんは、中国の成都からインドやネパール付近まであったのではないかとされる西南シルクロード沿い全域がアジア納豆地帯だと議論している。比較的簡単につくれるため、他の民族と会った際に口コミ的に広がっていったのではないかと。そして民族迫害などの影響を受けつつアジア全域に偏在するようになった。文化の影響に関する壮大な仮説であり大変おもしろい。

日本の納豆はなぜこれほど粘るのか

最後に、なぜ日本の納豆は他のアジア納豆に比べて異常に粘りが強いのかという疑問に高野さんは戻る。高野さんの現在の研究の成果では縄文時代から納豆を食べていた可能性があるという。日本の納豆も昔は今ほど粘っていなかったとされ、また日本でも沿岸部で新型調味料が発明されるにつれて一時衰退するが、明治期以降にその保存性の高さからおみやげとして再発明され(水戸納豆の起源は鉄道開通にともなって水戸偕楽園のお土産となったことらしい)、また、調味液(あのからしといっしょにはいってるやつ)の発明によって辺境食の域を出て世界初の全国食となったのではないかという。この過程で旨味調味料としての機能を失い、菌などの改良によって粘り気を増した食品となったという説明はなっとくがいくように思える(なっとうだけにね)。

つまり、精神病の場合とは対照的に、納豆グローバリゼーションは今日や昨日、ましてや1980年代に始まったことではなく、人間の存在と同じぐらい長い歴史があることが推測される。また、納豆グローバリゼーションの主役はグラクソスミスラインやファイザーなどの多国籍企業ではなく人間ということになる。この場合、日本の納豆だけが粘っていたり、タレが付いていたり、アジア各地でみんなが微妙に異なる納豆を食べていることがしめすように、グローバリゼーションは単に一つの文化が広まっていくだけではなく、均質化と差異化が同時に起こるプロセスなのである。

と、そんな社会学うんちくどうでもいいんだけど、先日納豆パスタを作っていたらアメリカ人からなんじゃこの臭いは、と怒られたのでした。納豆が太平洋を渡るにはまだまだ時間がかかりそう。





コメント

人気の投稿